日本留学プロモーションビデオ
Study in Japan Fair Channel
日本留学 Link
日本留学 FAQ
Student Guide to Japan 2019-2020 日本留学生希望者必読ガイド
日本留学奨学金パンフレット2022-2023
日本企業の皆様へ-外国人留学生の国内での就職状況等に関する情報について-

本サイトは文部科学省及び外務省の協力の下、(独)日本学生支援機構が運営する政府公認の日本留学情報サイトです。詳細はこちら

文字サイズ
CONTACT 印刷用PDF

発見!エリア別NIPPONのくらし|秋田県

エリアの概要

エリアの概要

秋田には、白神山地や田沢湖など雄大な自然、多彩な泉質を有する数々の名湯、日本酒をはじめとする風土に根ざした食文化など、数多くの魅力があります。 全国最多となる17件の重要無形民俗文化財を有しており、「男鹿のナマハゲ」などユネスコ無形文化遺産にも登録されている行事もあります。また、大館市発祥の「秋田犬」は、国内外で高い人気を誇る犬種で、秋田県内には秋田犬との交流を楽しめる施設がたくさんあります。

気候(気温・降水量)

ーーーーーーー気温(℃) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー降水量(mm)

気候(気温・降水量)

出典:気象庁

秋田県は日本の東北部日本海側に位置し、夏期(8月)の平均気温は29.4℃と日本でも比較的低い方で、暑さの厳しい期間も長くはなく過ごしやすい地域です。また、冬期(2月)の平均気温は 0.1℃と寒く、北西(日本海)からの季節風により降雪の多い地域でもあり、暖房器具や防寒着、雪用の靴は欠かすことができません。

物価

秋田の物価

秋田に来たら、一度は食べて欲しい!!秋田県民がおすすめする食べ物! 

きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋秋田を代表する鍋料理。ご飯を半分ほどすり潰し、棒に付けたものを焼いて作った「きりたんぽ」と、セリやネギなどの具材を、比内地鶏の出汁が効いたスープで煮込んで食べます。秋田では家庭料理や学校給食として食べられる、秋冬の定番メニューです。

いぶりがっこ

いぶりがっこ「いぶりがっこ」は大根を燻製して漬け込んだ「がっこ(秋田弁で漬物のこと)」。 いぶし小屋と呼ばれる専用の小屋に大根を吊し、サクラやリンゴなどの薪で燻します。 スモーキーな独特な風味は、お酒のつまみにぴったり。クリームチーズと合わせて食べても美味しいです。

秋田に来たら、一度は行って欲しい!!秋田県民がおすすめするスポット!

角館・武家屋敷通り

角館・武家屋敷通り仙北市の角館の武家屋敷通りは、藩政時代から続く歴史ある武家屋敷が立ち並び、「みちのくの小京都」と呼ばれています。 日本有数の桜の名所として知られ、春は黒板の塀が続く通りに、樹齢200年以上の枝垂れ桜がずらりと広がり、黒と淡いピンクの美しいコントラストを描きます。また、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の表情を見せる県内随一の絶景スポットです。
Google MAP

横手のかまくら

横手のかまくら「横手のかまくら」は横手市で毎年2月に行われる小正月行事。水神様を祀り、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣を祈願するお祭りです。 期間中は、高さ3mにも及ぶ雪の祠「かまくら」が市内に100基ほど立ち並び、中では子どもたちが甘酒やお餅を振る舞います。 横手市内にある「かまくら館」では、マイナス10度に保たれた部屋の中で、本物のかまくらを一年中展示しており、中に入ることもできます。
Google MAP

pic_dummy.png秋田の民俗行事として、最も有名なものの一つが「ナマハゲ」。 男鹿半島では、大晦日の夜にナマハゲが現れ、「悪い子はいねがー!」と叫びながら地域の家々を巡り、人々の怠け心を諫めます。 怖いイメージのナマハゲですが、無病息災をもたらす来訪神で、本場の男鹿半島を中心に、秋田の人々から敬われ続けてきました。 2019年に発表した秋田県のPRポスターも、フランスの写真家シャルル・フレジェ氏が撮影したナマハゲの写真をメインにデザインしています。